【効果抜群】付き合ってない相手におやすみLINEを送るメリット4つ

Uncategorized

– 好きな人におやすみLINEを送っていいの?
– おやすみLINEを送るタイミングはいつがベスト?
– おやすみLINEを送る時の注意点は?

こんな悩みを解決できる記事になっています!

筆者自身、付き合っていない女性におやすみLINEを上手く送ることで、良い関係を築けた経験があるからです。

この記事を読み終えることで、おやすみLINEを送ることへの心理的ハードルが下がるだけでなく、相手との関係を深められるコツが身につきます。

記事の前半では「付き合ってない相手におやすみLINEを送る4つのメリット」について解説し、

記事の後半では「付き合ってない相手におやすみLINEを送る際の注意点4つ」について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

それでは本編です!

付き合ってない相手におやすみLINEを送る4つのメリット

付き合っていない相手に、おやすみのLINEを送ることには様々なメリットがあります。

相手のことを思っていることをアピールしたり、自然な会話のきっかけを作れるのです。

付き合ってない相手におやすみLINEを送るメリットは以下の4つがあります。

– 相手のことを考えているアピールになる
– 自然な会話のきっかけになる
– 相手との仲を深められる
– 好意を伝えるチャンスになる

それでは、ひとつひとつ解説していきましょう。

相手のことを考えているアピールになる

おやすみのLINEを送ることで、相手のことを考えているアピールになります。

自分から相手に働きかけることで、相手の存在を意識していることを伝えられるのです。

例えば、以下のようなLINEを送ることで、相手のことを考えているアピールになります。

– 今日も一日お疲れ様でした。ゆっくり休んでくださいね
– 明日も頑張ろうね。おやすみなさい

相手のことを気にかけていることが伝われば、きっと嬉しく思ってもらえるはず。

ただし、相手の気持ちを考えて、押し付けがましくならないように気をつけましょう。

自然な会話のきっかけになる

おやすみのLINEを送ることで、自然な会話のきっかけを作れます。

いきなり踏み込んだ話をするのではなく、日常的な挨拶から始めることで、相手も話しやすくなるでしょう。

以下のようなLINEを送ることで、自然な会話のきっかけになります。

– 今日はどんな一日だった?
– 明日の予定は何かあるのかな?
– 最近何か面白いことあった?

このように、相手の生活に関心を持つことで、自然な会話が生まれやすくなります。

相手との距離を縮めるためにも、おやすみのLINEを活用してください。

お互いの生活リズムを乱さないよう、適度な頻度で送るのがポイントですよ。

相手との仲を深められる

おやすみのLINEを通じて、相手との仲を深められます。

定期的にLINEを送ることで、相手との繋がりを維持し、親密度を高められるのです。

例えば、以下のようなLINEを送ることで、相手との仲を深められます。

– 今日は楽しい一日だったよ。また明日も頑張ろうね
– 最近忙しそうだけど、体調は大丈夫?
– 良かったら今度一緒にご飯でも行こうよ

相手の近況を知ったり、一緒に過ごす時間を提案することで、二人の仲は深まっていくでしょう。

ただし、相手の気持ちを考えて、無理強いはしないように。

相手のペースに合わせることが、仲を深めるコツだと覚えておいてくださいね。

好意を伝えるチャンスになる

おやすみのLINEを送ることで、相手に好意を伝えるチャンスにもなります。

日頃の感謝の気持ちを伝えたり、相手の魅力について触れたりすることで、好意をアピールできるのです。

以下のようなLINEを送ることで、好意を伝えるチャンスになります。

– いつもありがとう。あなたのおかげで毎日が楽しいよ
– 今日もあなたの笑顔を見れて嬉しかったです
– これからもずっと仲良くしてくれたら嬉しいな

ただし、相手の反応を見ながら、徐々にアプローチしていくことが大切。

好意を伝えすぎて、相手を困らせてしまわないよう、加減が必要ですよ。

タイミングを見計らって、素直な気持ちを伝えてみてくださいね。

 

付き合ってない相手におやすみLINEを送るベストなタイミング3選

付き合っていない相手におやすみのLINEを送るには、ベストなタイミングがあります。

相手の生活リズムや心情を考えて、適切なタイミングを見計らうことが大切。

おやすみLINEを送るのに最適な3つのタイミングは以下の通りです。

– 相手が寝る直前と思われる時間帯
– 相手とLINEでやり取りをした直後
– 相手の誕生日や記念日

それぞれのタイミングについて、詳しく解説していきます。

相手が寝る直前と思われる時間帯

相手が寝る直前と思われる時間帯は、おやすみLINEを送るのにベストなタイミング。

相手の生活リズムを把握して、就寝時間の少し前にLINEを送るのがおすすめです。

例えば、以下のような時間帯が考えられます。

– 平日の夜10時から11時頃
– 休日の夜11時から深夜0時頃
– 相手が早寝早起きの場合は、夜9時から10時頃

相手の生活スタイルに合わせて、最適な時間帯を見つけましょう。

ただし、相手の都合を考えて、毎晩送るのは控えめにした方が良いでしょう。

相手の負担にならないよう、頻度は週に2、3回程度が目安です。

相手とLINEでやり取りをした直後

相手とLINEでやり取りをした直後も、おやすみLINEを送るのに最適なタイミング。

会話が弾んだ後は、相手との親密度が高まっているので、おやすみの言葉が自然に伝わりやすいのです。

以下のようなタイミングが考えられます。

– 楽しい会話が終わった直後
– 相手の悩みを聞いてあげた後
– 一緒に何かを計画した後

会話の流れを大切にしつつ、おやすみの言葉を添えるのがポイント。

ただし、会話の内容によっては、おやすみLINEが不自然になる場合も。

相手の反応を見ながら、臨機応変に対応していきましょう。

相手の誕生日や記念日

相手の誕生日や記念日も、おやすみLINEを送るのに最適なタイミングです。

特別な日には、相手のことを思っている気持ちを伝えるチャンス。

例えば、以下のような日が考えられます。

– 相手の誕生日
– 二人が出会った記念日
– クリスマスや正月などのイベント

その日の最後に、おやすみLINEを送ることで、一日の締めくくりになるでしょう。

ただし、あまり大げさなメッセージは控えめにした方が良いかも。

相手との関係性を考えて、適度な距離感を保つことが大切ですよ。

 

付き合ってない相手におやすみLINEを送る際の注意点4つ

付き合っていない相手におやすみLINEを送る際は、いくつかの注意点があります。

相手の気持ちを考えて、適切な対応を心がけることが大切なのです。

おやすみLINEを送る際の4つの注意点は以下の通り。

– 相手の生活リズムを把握する
– 頻度は週に2、3回程度にする
– 文面は短く、シンプルにする
– スタンプや絵文字は控えめにする

それでは、ひとつずつ解説していきましょう。

相手の生活リズムを把握する

おやすみLINEを送る際は、相手の生活リズムを把握することが大切。

相手の就寝時間や起床時間を考えて、LINEを送るタイミングを調整してくださいね。

以下のようなことに気をつけると良いでしょう。

– 相手が寝る直前の時間帯を狙う
– 相手の仕事や予定に合わせて送る時間を決める
– 相手の休日と平日で、送る時間を変える

相手の生活スタイルに合わせることで、おやすみLINEがスムーズに伝わります。

ただし、相手のプライベートな時間を侵害しないよう、配慮も必要。

相手の状況をよく観察して、臨機応変に対応していきましょう。

聞き上手になることが、おやすみLINEを送るコツだと覚えておいてくださいね。

頻度は週に2、3回程度にする

おやすみLINEの頻度は、週に2、3回程度に抑えるのがおすすめ。

毎晩送ってしまうと、相手に負担をかけてしまう恐れがあるのです。

以下のようなことに気をつけると良いでしょう。

– 相手の反応を見ながら、頻度を調整する
– 会話が弾んだ日に、おやすみLINEを送る
– 特別な日には、頻度を増やしても良い

相手との関係性を大切にしながら、適度な距離感を保つことが大切。

ただし、あまり頻度が少なすぎても、関係が疎遠になってしまう恐れがあります。

相手との関係性を見極めて、バランスを取ることが必要ですよ。

おやすみLINEは、コミュニケーションのツールのひとつだと考えましょう。

文面は短くシンプルにする

おやすみLINEの文面は、短く、シンプルにすることがポイントです。

長文になると、相手に読む負担をかけてしまうので、簡潔な表現を心がけましょう。

以下のようなことに気をつけると良いでしょう。

– 一文は20文字以内に収める
– 改行を入れて、読みやすくする
– 難しい言葉や表現は避ける

シンプルな文面なら、相手も読みやすく、伝えたい気持ちが響きやすくなります。

ただし、あまり短すぎるのも、素っ気なく感じられてしまう恐れがあります。

相手との関係性を考えて、適度な文字数を心がけましょう。

おやすみの気持ちが伝わるよう、言葉選びにも配慮が必要ですよ。

スタンプや絵文字は控えめにする

おやすみLINEでは、スタンプや絵文字は控えめにするのがおすすめ。

使いすぎると、軽い印象を与えてしまう恐れがあるのです。

以下のようなことに気をつけると良いでしょう。

– スタンプは1つまでにする
– 絵文字は2つ以内に収める
– ハートマークなどの特殊な絵文字は避ける

スタンプや絵文字は、メッセージの補助として使うのが効果的。

ただし、相手との関係性によっては、スタンプや絵文字を多めに使っても良い場合も。

相手の反応を見ながら、使い方を工夫していきましょう。

その時の雰囲気を大切にしつつ、TPOを考えて使い分けるのがポイントですよ。

 

まとめ

本記事では、付き合っていない相手におやすみLINEを送る上でのポイントを解説しました。

おやすみLINEを送ることで得られるメリットは以下の4つでした。

– 相手のことを考えているアピールになる
– 自然な会話のきっかけになる
– 相手との仲を深められる
– 好意を伝えるチャンスになる

おやすみLINEを送るタイミングは、以下の3つが最適です。

– 相手が寝る直前と思われる時間帯
– 相手とLINEでやり取りをした直後
– 相手の誕生日や記念日

ただし、おやすみLINEを送る際は以下の4つの注意点を守りましょう。

– 相手の生活リズムを把握する
– 頻度は週に2、3回程度にする
– 文面は短く、シンプルにする
– スタンプや絵文字は控えめにする

付き合っていない相手におやすみLINEを送ることで、相手との関係を深められる反面、やり方を間違えると逆効果になってしまう恐れも。

相手のことを第一に考えて、節度を持ってLINEを送ることが大切ですよ。

素敵な恋が芽生えることを願っています。頑張ってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました